夫のための、今さら聞けない妻のカラダとオーガズムのしくみ

メインイメージ

妻のカラダをよく理解し、楽しいセックスライフを

画像
長年にわたって「男子」をやってきて、「女性経験もそれなりにある」「悦ばせかたにも多少の自信はある」「女性のカラダのことはよく知っている」というアラフォー、アラフィフの男性は多いでしょう。でも、あなたは本当に女性のことをわかっているのでしょうか?
ある調査によると、夫とのセックスの最中に「イッタふりをしたことがある」という妻の割合は65%にものぼるそうです。離婚原因のトップは「性格の不一致」。およそ半数がこの理由ですが、「性格の不一致」の多くは「性の不一致」だとも言われています。「女性のことをわかっている」と考えるのは、意外と男性のひとりよがりなのかもしれません。

「セックスはオンナの方が気持ちいいんだから、男は頑張ってしてやっているんだよ」などと傲慢なことを考えたことはありませんか?ともすると、男性は妻に対して上から目線のものの考え方をしてしまっていることがあります。女性の悦びについて、カラダの機能について、妊娠や更年期障害について少し学んでみませんか?

妻のカラダのことをもっとよく理解して、さらに楽しいセックスライフを送ってみましょう。
画像
画像
画像

妻の体をいたわったことがありますか?

男性は性欲が高まるととにかくしたくなるものでしょう。妻が体調不良のときでもカラダを求めてしまったりしたことはありませんか?仕事で疲れているときに妻から誘われても、そっけなくしたことはありませんか?避妊をめんどう臭がって、妻に中絶させたことはありませんか?中絶手術がどんなものか知っていますか?
「イク」ということは知っていても、「イク」メカニズムを知っている男性は少ないでしょう。「Gスポット」を知っていても、正確にどこにあってどんな機能をもっているのか知らない人は多いです。若いときのセックスと、歳をとってからのセックスの違いなど、実はオトコは知らないことばかり。
妻のカラダのことがわかれば、妻がどうしたらうれしいのかがわかるようになるはずです。「カミさんは、もうオンナじゃないから」というのは夫の勘ちがい。妻から女の魅力を奪っていったのは夫ではないでしょうか。妻に女性としての性的な魅力が薄れてきたのなら、それを取りもどすのも夫の仕事でしょう。
中高年の離婚も増えています。せっかくこれまで仲良く過ごしてきたカップルなら、相手のことを理解して、これからも長く楽しく過ごしていきましょう。

女性のカラダについて少し学んで、妻をいたわれる夫に変身してみませんか?そうすれば、いつまでも仲良くセックスできるカップルでいられるはずです。
バナー1
バナー2

オーガズムってなに?

セックスで女性を楽しませる為に

更年期からのセックス

女性のカラダとセックスとの関係

妻という女を知ることが大切

男とは何かを知ることも大切