セックスで女性をたのしませるために

セックスレスにならないために

セックスレスの原因にはいろいろあります。夫婦が互いを異性として見られなくなったり、疲労やストレスで「その気」が起きなかったり、断られる不安であったり。妊娠を焦るあまりストレスでセックスが義務化してしまい、その反動でなってしまうこともあります。
妻の妊娠がきっかけということもありますし、出産後に、妻から「ママ」に変わったことが引き金になることもあります。中年期になれば夫のEDや妻の更年期障害が原因となることもあります。また、女性の肉体的な問題の場合もあります。
何気ない言動が大切!セックスレスにならないための5つの心得 | 女子力アップCafe Googirl

女性がセックスをしたがらない理由

セックスがイヤでたまらないという嫌悪症、膣が濡れずにスムーズに行為ができない性器の障害、「イケない」というオーガズム障害、ペニスを挿入されると傷みを感じる性交痛や膣痙攣など、肉体的・精神的なものもあります。このようなときには、婦人科や泌尿器科。心療内科などで治療を受けることで改善します。まずは、身体的、精神的な原因を探ることが大切です。
婦人科系の病気の後でセックスをしなくなるケースもあります。手術後に痛みがあってセックスできない人もいますし、それがきっかけでそのままセックスレスになることもあります。子宮筋腫で手術をうけたときなどには膣がすこし短くなるため、セックスの感じが変わることもありますが、卵巣が残っていれば膣は濡れますから、セックスには支障がないはずです。
卵巣を摘出したような場合にはスムーズなセックスは難しくなります。その場合でも潤滑ゼリーを使ったり体位を工夫したりすることで、セックスは可能となります。乳がんを手術した人の中には、術後のカラダを見られることがイヤでセックスを楽しめなくなる人もいます。そんな場合は夫婦のコミュニケーションも大切です。
女性のカラダは、精神的にも肉体的にもデリケートにできているので、男性側がカラダの特徴を理解して、お互いに協力してセックスレスを解消する努力をすると良いでしょう。

男性がセックスできない理由

男性側の問題でセックスできない理由で一番多いのはED。ストレスなどの心理的な要因、血管や神経の障害、加齢による糖尿病や生活習慣病、神経系の障害などなどによりEDになります。バイアグラなどの薬を服用すれば比較的簡単に改善します。恥ずかしがる人がおおいですが、性器をみせたりすることもないので気楽に受診すべきです。

女性の心理やカラダの特徴も理解して、夫婦でセックスレスの予防や解消に取り組みましょう。


オーガズムってなに?

セックスで女性を楽しませる為に

更年期からのセックス

女性のカラダとセックスとの関係

妻という女を知ることが大切

男とは何かを知ることも大切

女性の体の神秘