自分の愛する妻を心から褒めてあげましょう

いつまでも可愛い・キレイと言われたい

女性なら、いつまでも可愛いとかキレイと言われたいものです。たとえ結婚しても、子どもの母親となっても、可愛いとかキレイだという評価は女性としての自信を与えてくれるからです。メイクやファッションに興味があるのも、女性としての現役をあきらめていない証拠と考えてください。もういい年なのだからわざわざ可愛いとかキレイとか言われなくても問題無いだろう、と考えるのは勝手過ぎますよ。

女性はいつまでも可愛い・キレイでありたい

女性は小さなころから、可愛かったりキレイだったりすると得をすることを知っています。容姿がすべての評価基準でなくとも、やはりいつまでも可愛くキレイでありたいと願うのは当然のことなのです。小さなころから身に付いた考え方は、簡単に覆すことは難しいことでしょう。女性の心理を理解していないと、男性は痛い目に遭いますよ。

たとえ、結婚しても子どもを持っても、女性であるからには自分の容姿に対する評価がとても気になるものです。たとえば、最近は年齢やステイタスごとにターゲットを細かく設定した女性誌が人気です。いろんな環境や年齢の女性が、自分にぴったりの女性誌ができてうれしいという声を上げていることからも、関心の高さを伺うことができます。

やはり、女性はいつまでも可愛く・キレイでありたいと願うものなのです。夫の前では意地を張っているかもしれませんが、試しに可愛いねとかキレイだねと言ってみるとまんざらでもない反応をするでしょう。内心では、容姿の評価を喜んでいる証拠なのです。女性が自分の容姿にこだわるのは、根本的に変わらないと言えるでしょう。

結婚しても子どもを持っても女性は女性

結婚しても、子どもを持っても、女性は女性であることに変わりはありません。男性からすれば、無事に結婚して子どもを生んだのだから、女性として主張しなくてもいいのではと考えるかもしれませんが、間違いです。結婚と出産は、あくまでも女性の人生のイベンとでしかありません。それに、結婚も出産もしない女性も今は多いものです。

いくら結婚して子どもをもって女性としての役割を終えているからと言っても、女性としての根本的な欲求は変わらないのです。いつまでも、若い女性に嫉妬をするし、自分の容姿の衰えにも敏感になってしまうのです。こうした女心を理解しておくことは、妻とうまくやっていくためにも大切なことですよ。

たまには言葉で褒めてあげることも大切

もう長く一緒に暮らしているのだし、今さら言葉で褒めるのも照れくさい、と多くの男性は言うことでしょう。しかし、言葉にしないと伝わらないこともあります。妻のことを可愛いと思ったり、キレイだと思ったりする瞬間があれば、素直に褒めてください。妻は、きっと喜んでくれます。

夫から容姿を褒められると、妻として、女としての自信につながります。普段褒めてくれない人ほど、効果は絶大です。ここぞというときには、必ず言葉にすることが大切なのです。お互いの良さを褒め合うことが、結果的に夫婦円満につながることを理解してください。たまには、自分の愛する妻を心から褒めてあげましょう。

まとめ

女性は、年齢がいくつになっても、結婚・出産をしても可愛いとかキレイと評価されたいものです。実際に、中高年の女性向けのファッション雑誌や美容雑誌が売れるのも、世の中の女性の意見を反映していると言えます。結婚したのだから、可愛いとかキレイとかの評価はもういらないのでは、という男性の意見は間違っています。いつまでも可愛さや美しさを追求したいという女性の心理を理解してください。


オーガズムってなに?

セックスで女性を楽しませる為に

更年期からのセックス

女性のカラダとセックスとの関係

妻という女を知ることが大切

男とは何かを知ることも大切

女性の体の神秘

男性の体の神秘