女はいつもほしいものだらけ

買いもの大好きなのが女というもの

女は買いものが好きだと言われますよね。実際に、買いものが嫌いという人は少ないでしょう。買いものは、ほしいものを手に入れられるだけでなく、ストレス解消にぴったりだと考えていることも多いのです。お金を支払う瞬間に最も快感を覚えるという気持ちもわかります。家計に響かない範囲なら、妻の買いもの好きを認めてあげることも大切なことですよ。

女はいつもほしいものだらけ

女はいつでも、ほしいものだらけです。新しい化粧品が出ると欲しくなったり、洋服をバーゲンで買い込んだり、靴を新調したり、ちょっと高級なスイーツを欲しがったり、それはもう限界がありません。おそらく、女性にいくらでも買い物をしていい権利を与えたら、際限なく買い物を続けることでしょう。

実際、女性の購買力が高いときは、景気もいいのです。女性たちの財布がゆるいことで経済が活発化するからですね。そう考えると、女性の買い物好きをとがめるわけには行きません。夫に内緒でちょっとした買い物をしたぐらいなら、大目に見てあげてもいいのではと思ってしまいます。

それに、女性同士は何かと人の持ち物の詮索をしがちです。いつも同じ洋服・同じバッグ・同じ靴ばかりで出掛けるわけにはいきません。男性から見ればくだらないかもしれませんが、女性のプライドというものがあるのです。女性がいつもほしいものだらけになってしまうのも理解しましょう。

買いものはストレス発散にもなる

女性にとって、買い物はこの上無いストレス解消法となります。ほしいものを買って、お金を支払う瞬間がたまらないという意見も多いものです。もちろん、ほしかったものを手に入れた喜びもあるでしょう。しかし、自分がお金をはらってほしいものを手に入れるという行為自体に快感を覚えているというわけです。

そのため、本当はそれほどほしく無かったのにもかかわらず、ストレスが溜まっていることが原因で次々に買い物に走る女性もいます。当然、身分不相応な買い物は後からツケが回ってくるので、家計が火の車になってしまうことでしょう。道を間違えるとあぶないのが、女性にとっての買い物なのです。

家計に響かない程度の買いもの好きは許そう

だからといって、何も買うなというのはひどい話です。たとえ妻が専業主婦であっても、家事労働をこなし、育児をしているわけです。妻が自由にできるお金があって当然です。共働きならば、妻にも稼ぎがあるわけで、なおさら買い物に口出しをするべきではありません。好きなものぐらい、自分の稼ぎで堂々と買えばいいのです。

家計に響かない程度なら、買い物好きを許しましょう。経済を回すことにもなるし、妻にとっての適度なストレス解消になるのなら、問題はありません。それに、夫婦仲がうまくいくためには妻にストレスが溜まっていては何かと厄介です。買い物は適度にゆるし、妻の欲求不満を回避しておきましょう。

まとめ

女の買いもの好きは、もう止めることができません。洋服・化粧品・雑貨・スイーツなど、いくら買ってもほしいものが後からたくさん出てきてしまうのです。買いものをすることで、ストレス解消も兼ねているのでまったく否定することはいけません。家計に響かない程度の買いもの好きは、大目に見てください。もちろん、買いもののし過ぎで借金だらけになる前には止めてくださいね。


オーガズムってなに?

セックスで女性を楽しませる為に

更年期からのセックス

女性のカラダとセックスとの関係

妻という女を知ることが大切

男とは何かを知ることも大切

女性の体の神秘

男性の体の神秘